「メイド・イン・ジャパン」のモノ作りを世界に発信!

  • 株式会社アダムジャパン
    代表取締役社長 関根 沙織 様

  • ビリヤードのキュースティックのグローバルブランドとしての特徴について教えてください

    アダムジャパンで製造するキューは、ビリヤードプレーヤーにとってのキュースティックを「道具」にとどめることなく、プレイヤーとキュースティックのつながり・信頼性を極限まで高めて、「プレイヤーの意図を具現化する」「無くてはならない存在」に変えることが他社にない特徴です。

  • 特殊な構造をしているのでしょうか?

    中心に芯を入れ、黒檀や銘木をベースに色の違う種板を張り合わせて、寄木細工のように模様を組み、削り磨き上げて作ります。1本作り上げるのに約30人が分担し、5年ほどかけ、熟練の技で完成させます。だからこそ単なる道具ではない魂を感じます。

  • メイド・イン・ジャパンのモノづくりが世界に発信されているのですね?

    そうですね。アダムジャパンの歴史は今までになかったものを素早く取り入れる、想像力、行動力に長けた集団です。世界で活躍するトッププロプレイヤーが愛用するアダムキューはそんな職人たちの技が組み込まれた魔法のキュースティックであり、「世界中のプレイヤーに感動を与えたい」と日々チャレンジを繰り返しています。

  • どんな職人の方々がいるのでしょうか?

    やはりビリヤードが好き、モノづくりが好きという方で、つくってみたい!製造に携わりたい!という方がほとんですね。出来上がっているパーツを取り寄せるのではなく、材料の仕入れから完成まで各工程に分かれて完成品を分業して制作していきます。

  • 巧みな技術の追求には大変な苦労もありますよね?

    キュースティックの1グラム、0.1ミリ、1%のバランスが プレイに影響しますし、世界チャンピオンが求める キュースティックの精度に応えていくことがトップメーカーとしての義務ですから、どのキューメーカーも作り出せないような構造・打球感のキューを常に追い求めるモノづくりへのこだわりを出していきたいと思っています。その中で生まれたのが最高傑作「MUSASHI」ブランドですね!

  • 今後の展開について教えてください

    現在の取引先は韓国・中国などが増えてきており、今後は新たな市場開拓先としてタイ・ベトナムも視野に入れています。これからもビリヤードを通して「メイド・イン・ジャパン」のモノ作りのすごさを世界中に発信していきたいと思います。

活躍する先輩社員の姿 一覧