終わりなき道を歩んでいきたい

  • 有限会社河野ギター
    君島 聡 様

  • ギターとの出会いはどのようなものでしたか?

    祖父がギター職人だったため、誇らしげにギターを作る姿からギター自体は幼い頃からに身近なものとして認識していました。一方で「孫=後を継ぐこと」に対しどことなく抵抗感も持っていたため、ギターに触れることに何となく迷いがありました。

  • 何がキッカケでギター職人の道に入ったのですか?

    16歳までは特にギターを意識せず普通に生活をしてきた私にとって、高校2年の時に工房に訪れたことがキッカケでした。工房で働く職人さんにこの会社のこと、製造するギターの価値の高さ、ここで作るギターの音色で感動する人の多さ等を聞くにつれ、いつしか自分の作る楽器で人に喜んでもらいたい、感動を作りたい、そんな想いが湧くようになっていきました。

  • ギター製造はどのようなプロセスを経て行われるのでしょうか?

    河野ギターは「木工」「塗装」「磨き」といった完全分業制でそれぞれの持つプロフェッショナルなスキルを思う存分活かし、最終的に一つのギターとして完成します。中途入社の方が他社で培った色々な知恵・歴史・経験を持ちよることで、分業制としての機能が上手く働くんですよ。
    やっぱり職人ということもあり、50周年記念ギターなど特殊なモデルを製造する時は皆盛り上がりますね!楽しさを追求するからギターをつくることへの愛着が湧くんです。

  • ものづくりにおける「才能」とは?

    才能は人によって違います。細かい作業が得意な人もいれば、やや大雑把だけれど仕事が早く機転が利く人もいます。それぞれ違う才能が上手く組み合わさる事で、より良い製品が生まれると思います。

  • ギター職人という仕事について教えてください

    プロなので、自分を追い込んで質の高い仕事をします。そして求めるクオリティが高ければ高いほど、妥協したい心と妥協を許さない精神との戦いになります。あまりにキツイので息子ができても別の道を薦めると思います。(笑) 音作りは今と10年後、または人により求める音が変わります。そして常に自分も変わっていく。ですので一生、満足のいくギターを作ることはできないと思います。でも、私はそういう終わりのない道を生きていきたいと思っています。人生最後に作るギターは人生最高のギターでありたいと思います。

活躍する先輩社員の姿 一覧